IPOの予備知識

抽選の申し込みの方法

2016/07/04

抽選の申し込みは難しくありません。普通、100株を最高値で申し込みます。証券会社によっては成行きで注文します。これは、ブック ビルディング期間(通常4~5営業日)と呼ばれる申し込み期間中に行います。

ただこれだけですが、SBI証券の場合は、通常10000~100000株ぐらい申し込んでおきます。実際の申し込み株数は、資金額に応じて自動計算されます。資金額を下回らなければよいわけですね。公募割れの心配があるIPOの場合は、チャレンジポイントを狙って100株だけ申し込んでおきます。

-IPOの予備知識
-